頻尿について

高齢社会の到来により、頻尿、尿失禁、排尿困難などの排尿障害に困る高齢者の方が増加しています。頻尿はいわゆる「トイレが近い」状態であり、昼間にトイレに8回以上行く「昼間頻尿」と、夜間睡眠中にトイレのために1回以上起きる「夜間頻尿」があります。

夜中に何度も起きる

「トイレに行ったばかりなのに、またすぐにトイレに行きたくなる」「外出先、旅行先でいつもトイレを気にしないといけない」など昼間の頻尿は、日常生活において、その人の生活の質(Quality of Life :QOL)を低下させます。

夜間頻尿も、夜の睡眠を妨害し(睡眠障害の一因となります)、夜間眠れないことによって寝不足となり、昼間眠くなり、仕事に集中できない・運転中に眠くなる・寝ぼけて転倒するなど、様々な障害をもたらします。

神経性の頻尿

また心因性の神経性頻尿もあります。これは、「ストレスや過度の緊張をしたときにトイレにいきたくなる」といったもので、リラックスしているときは大丈夫なのに、重要な会議や試験・大勢の前で話すなど心理的ストレスがかかったときに起きる頻尿です。

このように一時的に頻尿の状態になるのが一般的ですが、常に緊張状態であったり、ストレスが多い状況にあると慢性的に頻尿の状態になることもありますので、常日頃からリラックスして過ごせるようにすることも重要です。

頻尿の原因

頻尿の原因は、様々あり、主には、加齢による膀胱機能の変化にあり、男性であれば前立腺肥大、女性であれば膀胱炎等もあげられます。頻尿や尿失禁は加齢に伴い、その発症率は増加しています。

最近では、40代からも発症する人が増えており、その発症率は思っている以上に高いものです。男性では、加齢とともに前立腺肥大症になる人も多く、その数は、40代で40%、50代で50%と年代の数ほどの割合で発症しているといわれています。

加齢による膀胱機能の変化とは、膀胱容量の減少や、膀胱の平滑筋の筋肉量の減少、尿の出口である尿道を閉める括約筋の筋力が低下するなどがあります。また、加齢により、糸球体が失われますので、尿を濃縮する力も低下するので、尿の量が増え、頻尿にもつながります。

ペポカボチャと頻尿

ペポカボチャ種子は、ドイツのコミッションEモノグラフ ( KommissionE Monograph :ドイツ保健省の植物治療指針) に薬用として収載されています。適応は過敏膀胱、前立腺肥大症ステージⅠ,Ⅱにおける排尿障害に対してであり、禁忌、副作用、相互作用は報告されていません。
 アサマ化成では、ペポカボチャ種子の水抽出画分に強い排尿障害改善作用があることを発見し、夜間頻尿に対して臨床試験も行い良好な結果を得ています。